Keychron

スポンサーリンク
Keychron

分割キーボード4台目でKeychronQ11を買ったので使いやすくしていく

左右分割キーボード。 左右の運指がほぼ完全に固定され、タッチタイピング(ブラインドタッチ)前提であることから、導入が難しいと感じている人もいるのではないでしょうか。 僕もずっと興味があったのですが、これまで挫折し続けてきました。 このたび4...
Keychron

磁気検知式キーボード「Keychron Q1 HE」が準備中。REALFORCE GX1の対抗馬となるか

かつてKeychronは、無線接続とメカニカルスイッチの組み合わせ、さらにはHot-Swap機能を搭載したキーボードを市場に投入し、業界に新たな潮流を作り出しました。 これにより、ユーザーは自分の好みに合わせてキースイッチを簡単に交換できる...
Keychron

ペットボトル1本分以下。Keychronで持ち運び最強セットアップを考える

2023年6月7日、Keychronから軽量マウス「Keychron M3 mini」が発売されました。 カラーは黒と白があり、白は数日遅れて発売となるようです。 軽いデバイスで持ち運び環境を最適化したい Keychronで一番軽いキーボー...
Keychron

Keychronの集大成。Q1 Pro

無線・有線で使えて、Hot-Swapでキースイッチが自由に交換できるキーボードとして一斉を風靡したKeychron。 ぼくもKeychron K8を最初に購入してから、数え切れないほど沢山のキーボードを購入してきました。 今回リリースされた...
Keychron

Keychron V10 Alice配列で75%は大きすぎる

KeychronのAlice配列キーボード「V10」のレビューです。 Keychron V10 Keychron V10は、75%Alice配列のメカニカルキーボードで、手首や肩にやさしいレイアウトを採用しています。 良い点 Alice配列...
Keychron

念願の分割キーボード、Keychron Q11を買わない理由

ぼくは以前から、Keychronが分割キーボードを出してくれないかなぁ・・・とずっと言っていました。 で、今回分割キーボードのQ11が発表されました。 しかし、ぼくはKeychron Q11は買いません。 理由を紹介します。 Keychro...
Keychron

KeychronV8とQ8を比較!どっちがオススメ?

V8がオススメ。 Keychronから2022年12月にリリースされた「V8」。最高級ラインであるQシリーズ初のAlice配列キーボードであるQ8の形状を受け継ぎ、筐体がプラスチックになって廉価になって登場したモデルです。 廉価になったのは...
Keychron

機能性最強コンパクト、Keychron K3 Pro

Keychronの「K Pro」シリーズのラインナップは、これで3種類目です。 TKLサイズのK8 Proに始まり、65%のK6 Proにつづいて 3作目はロープロファイルのK3がProになりました。 Keychronの中でも人気のあるロー...
Keychron

初めてのAliceレイアウト。Keychron Q8使ってみた

ついきKeychronQシリーズに、サイズ以外のバリエーションが増えました。 Aliceレイアウトと呼ばれる、左右分割気味のキーボードです。 エルゴノミクスキーボードと呼ばれるジャンルに近く、人間の肩・腕の構造に最適化されたキーボードの形状...
Keychron

Keychron Q0を高性能マクロパッドとして使う

Keychronから、20%テンキーパッド「Q0」が登場しました。 一見するとただのテンキーなのですが、 ほかのQシリーズと同様QMK/VIAに対応していて、自由自在にカスタマイズが可能です。 フルキーボードとは違い独立したテンキーパッドは...
スポンサーリンク